助産院のご飯

いなだ助産院でお産した友達たちの話から、すごく楽しみにしていたのが助産院のご飯。主食は酵素玄米で野菜たっぷり。お肉がない分、お豆腐や厚揚げであれば一食につき一丁、とは言わずとも半丁以上入っていたし、家でも何度も買っているけどいかにもお肉ではない仕上がりになってしまって箸が進まず一袋使い切ったことのない大豆ミートも、キーマカレーのそぼろタイプはじめいろんな形で美味しく使われていて、身も心も産後でなくても毎日食べたい!というご飯。朝7時、昼12時、夜6時のご飯の時間を心待ちにしていました。

これはある日の朝食。


ある日のお昼。炊き込みご飯と豆乳シチュー。


ある日の夕飯。おでん!


酵素玄米はお茶碗三杯分くらいあるし、おかずもこんなに品数多いのに、胃にもたれない。お通じが良い。

退院後しばらくは、せめてもと小豆入りの玄米を炊いていたけれど、どうにも酵素玄米が食べたくて、友達にやり方を教えてもらい、保温ジャーを購入。

2.2升保温できる象印の保温ジャー、玄米5合を余裕で炊ける圧力鍋が、ミルクパンに見える…。

さぁ、これで酵素玄米がうちでも食べられる!!