源流にできるだけ近いひとから学ぶ

※ひとつ前の投稿の続きです。

ポール先生の陰ヨガを学びたくて…と相談を受けることがよくあるのですが、もしもカリフォルニアに行ける状況にあって、語学がどうにかなりそうなら、がんばって行ってポール先生に直接学ぶ以上のことはないと思います。

ポール・グリリー先生のサイトはこちら→paulgrilley.com

学びの環境も最高です。→Land of medicine buddha

「…そりゃあ、ポール先生から直に陰ヨガを学びたい!だけどカリフォルニアは行けない。日本では受けられないのかな…」という方に、わたしはジョー・バーネット先生のTTを熱烈におすすめします。ジョー先生はポール先生から長く陰ヨガを学ばれていて、毎年カリフォルニアのティーチャートレーニングでアシスタントもされています。日本では、ヨガワークスさんが毎年ジョー先生を呼んでくださっています。わたしは2014年のジョー先生初来日からずっとジョー先生に学びながら、2015年、2016年にはポール先生のもとで学びました。それでとても思うのは、ジョー先生は、ポール先生の教えを、なんというか離乳食みたいに、より消化しやすい形で教えてくれるということ。ここ2年はジョーのトレーニングにアシスタントとして参加させてもらい、純粋な生徒の立場とはまた違う角度でトレーニングを経験させてもらいました。そうすると、最近の自分はだいぶ味つけしていたなぁとか、わかっていないことをわからないと言えずに誤魔化していたなぁといろいろ思い当たってドキッとします。

ジョー先生のTTは、福岡だったり、大阪だったり、名古屋だったりと毎年開催場所が違うので「今年はどこだろう?」と毎年ドキドキ楽しみなのですが、今年は六月、東京・清澄白河のお寺でモジュール1とワークショップ(陰ヨガとヨガニードラ)が受けられます。早割は四月末までだそうですよ!

facebookイベントページ

ヨガワークス申し込みページ

①2017年 モジュール1 最終日 福岡警固神社にて

②2017年 モジュール2 最終日 名古屋 能楽堂にて

③警固神社にて ジョー先生とヨガワークス かなこさんと。