香港7日目② 4/28

尖沙咀最後のお昼。一回くらい飲茶をと思ってたけど、2日目の夜に入った麺とお粥のお店でどうしても食べたいものがあったので、そこにしました。
食べたかったのはピータン!!!

photo:02



奶茶も飲み納め。
味の素的なものは使ってません、てことかな?使うところはじゃんじゃん使うからね…

photo:01



腹ごしらえしたあとは、お土産を探しに。
アンディウォーホル展、惜しくも終わってた。(ミュージアムのショップでは特に欲しいお土産見つからず。)

photo:03

 

photo:04



尖沙咀を歩きつかれて入った薬膳茶屋さんで梨のお茶をいただく。温かいのと冷たいのが選べる。こういうお店が日本にもあったらな~

photo:09



お土産は買えずタイムオーバー。
香港に来てはじめての地下鉄。ひとつ乗り換えてしばらく乗ってるといつのまにか地上に出てるあたり、大学で通ってた名鉄豊田線の黒笹駅を思い出す。大埔墟站なり。

photo:10



お父さんと待ち合わせて食事へ!こうやってお父さんと2人で出かける機会って日本ではないから、新鮮なような懐かしいような。
香港の市井のひとたちがふらっと行くような食堂で食べようと決めてたけど、最後の夜ごはんだし、お腹空きすぎてなかなか決められなくて、やっと入ったお店が大当たり!
うなぎ、って書いてあるのでしょうか。

photo:06



鰻と鶏の釜飯みたいな感じ。
おこげもあってめちゃくちゃおいしい!!好吃!!

photo:07



大満足で帰路につく。
バスの間中ずーーーっと、わたしがやっているヨガについて、アシュタンガヨガについて、David先生について、日本のヨガの歴史について、お父さんに話す。
うちの父とDavid先生は同世代なので、シンクロしている部分もあって、とてもおもしろかった。David先生がハレクリシュナの布教?に香港に来てた頃というのは、うちの父がはじめて香港に滞在した時期でもあって、たしかにハレクリシュナのひとたちが街で活動していたよ、と。もしDavid先生とうちのお父さんがそのときすれ違っていても、ふしぎじゃない。
宿舎に帰って、香港ではじめて洗濯機を使う。洗濯機が回る横でテキスト開いて勉強。このTTが終わったからといって、終わりという気も、ここからがはじまり!という気も全くしなくて、ただ道を歩いてる、という感覚だなぁ。それは、すごく愛おしいような感覚。